スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカになる、そのからくり

 PICT0026_convert_20120924155708.jpg

 私は子供を持つまで、いわゆる「親バカ」というものが理解できなかった。

 自分の子供だから情が移って身びいきする、というのはわかる。または自分に似ているので親近感を覚える、というものかもしれない。それなら、自分に満足していない人は自分の子供も好きになれない、ということか。自分が苦労して育てたということで、子供の成長はすべて自分の努力の成果だと自慢したくなるのか。しかし、あまりお利口さんでない子でも、お世辞にもかわいいといえない子でも、その親は「うちの子がいちばんかわいい」と思っているだなんて、どうも合点がいかなかった。
 それで、妊娠中はひたすら「かわいい子でありますように」と祈り続けた。生まれたての赤ん坊というのは、グロテスクなものである。これから子育てが始まるというのに、目の前にいる我が子がカエルに見えてしまったら・・・。いくら「これからかわいくなるから」となぐさめられても無駄なように思えたのだ。
 我が子をもしかわいく愛しく思えれば、二十四時間労働である子育ても、きっと乗り越えられるだろう。どうか、かわいい子が生まれてきますように。それだけだった。

 ところが産んでみると、そんな祈りなど必要なかったと気づいた。それどころか、こうも思った。お腹の中にいるのがこの子だと事前にわかっていたら、妊娠中ももっと楽しく過ごせたのに。

 先日、たまった写真を整理しようと、産院で撮った写真を一枚一枚見ていた。まるでしなびたサルのような、こんな生き物に向かってよく「かわいい」などと言えたものだと我ながら驚く。背中やおでこにまで産毛が生え、目は腫れぼったく、全身しわだらけ。動きもにぶく、何だか痛々しい。まるで深い考えにふけっているかのようだ。生まれたてどころか、だいぶ年をとっているようにさえ見える。
 それなのに正直な話、私は授乳したり寝かしつけたりしながら、気でも狂ったかのように「かわいいわ! かわいいわ!」とひたすら言い続けたのである。日に五十回以上言っていたのではないか。自分の睡眠をとるのも忘れ、彼女の寝顔を眺めてうっとりしていた。
 産後は体力が落ちているのに精神は高ぶっていて、平常ではないのだそうだ。思い返せば、あれはホルモンのなせるわざだったと納得がいく。

 その後も、相変わらず「サル」のように見えたこともあるし、髪がはねていたので「ミミズク」のようでもあった。目を閉じてウトウトしている時は、前髪を海苔に見立てて「おにぎり」のようにも見えた。目がまだよく見えず、口をぱくっと開けて乳首を探している様子はエサを待つ「小鳥」のようだった。両手を二つ丸め、ちょこんと添えている時は実家で飼っていた「ネコ」を思い出し、夫と二人で、まるで新しいペットでも飼っているかのような気になったものである。
 かと思うと笑顔でない時は「半魚人」にも似ていたし、おっぱいを飲んだ後カーとかクーとか言うのは「カラス」のようだったし、飲んでいる途中も様々な奇声を発する様子はまるで赤ちゃん「怪獣」のようでもあった。

 やがて三ヶ月も過ぎれば、赤ん坊は誰の目にも愛らしくなると聞いていたが、我が子もその通りになった。現在八ヶ月、顔つきもだいぶ変わってきた。が、白状すると、ホルモンの魔法が解けた今も、やはり一日に三十回ぐらい「かわいいねえ!」を連発してしまう。

( 続きは、こちら )

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

スイスに来てからの春香の言語状況

(これまでのあらすじ→私たちが英語圏スコットランドから、ドイツ語圏スイスに移住してきて3ヶ月。ここは日本人家庭も多く、早速日本人子ども会に入会、春香は日本語で話すお友達ができて楽しそう。ただ一つ残念だったのは、今まで「おかあさん」と呼んでくれていたのが、「ママ」に変わってしまったことだった)

KIF_4394_convert_20120928161113.jpg


 ゆっくりイタリア語、消えゆく英語

 次に、イタリア語。相変わらずローマからは頻繁に電話が入るし、ここに来てとうとう、スカイプ(テレビ電話)まで導入された。それでも今も「春香イタリア語」を話しているし、夫に日本語で話しかけることも多い。
 そんな時、夫は、春香の日本語を理解してそのまま会話を進めてしまうこともあるが、たいていは「え? パパは日本語わからないぞ。イタリア語で言ってごらん」と言う。「ほら、サラ! イタリア語で、何て言うんだ?」と詰問口調になることも多く、春香は反発するのか面倒なのか、イタリア語で言い直せたことがほとんどない。これがあまりに度重なり、最近は私も気になったので「春ちゃん、お父さんにはイタリア語で話すんだよ」と言うのだが、あまり効果はないようである。
 とにかく、昨年のクリスマスに引き続き来月のイースターもイタリアなので、春香のイタリア語は今後もゆっくり伸びていくだろうと思われる。

 さて、英語である。ここスイスへ越して来てすぐ、近所のコミセンで英語を話す親子のためのマザー&トドラーグループを見つけた。着いたばかりで私は、ドイツ語に辟易していた時だったし、実際ここまで英語が通じるとは当時の私はまだ知らなかったので、春香を連れて喜々として通い始めた。とにかく誰かと話して、情報が得たかった。あんなに英語は苦手だと公言していたくせに、言葉が通じるのが嬉しくて、こんなレベルの英語でも役に立つんだなあと感動することしきり(とはいえ、英語のノンネイティブ同士で固まってしまう傾向はあったが)。
 そしてそこへ行った日は、家へ帰ると春香も一人言が英語になった。ぬいぐるみにカモン!と呼びかける。昔よくしていたように、絵本を手前に向けてひろげ、春香英語でぬいぐるみに読み聞かせもしてみたり。

 ただ、このグループは週1回なので、1回休めば2週間空く。そこへカーニバル休暇が入ったので、1ヶ月近く空いてしまったところで、春香の口から英語が消えた。

 先日、何気なく聞いてみた。春ちゃん、猫は英語でなんて言うんだっけ? 春香は一瞬考えたが、すぐに「Cat」と、当時の発音で言った。おっ、これはすごい。「じゃあ犬は?」しばらく考えた後、英語らしい音で何だかそれらしい言葉を言ったが、私が知る限りそんな単語はない。「じゃあ、『座って』は?」結果は同じ。「じゃあ、『ダメ』は?」「No!」・・・やっぱり。これはイタリア語と同じだもんね。

 バーゼルには英語によるプレイグループもあり、子供を預けられるので、軽い気持ちで問い合わせてみた。すると、両親が英語のネイティブでなく、家庭で英語を話していないなら、と春香をウェイティングリストに載せることさえ渋る様子。送ってもらったパンフレットには、年会費65フラン、プレイグループ1回25フラン(1フラン=約100円)とある。覚悟はしていたが、これがスイス値段なのだ。私は、すぐにあきらめた。

 そして近頃の春香は、友達にもらったドリフの歌のCDがお気に入りなのである。ご近所中に聞こえる声で歌う「めがねはえいごでマウスです! おうまはえいごでソースです!」
・・・せめて歌詞通り「グラス」「ホース」と覚えてほしかった。ダメだこりゃ。




春香語録・なんで?

KIF_2812_convert_20120927052935.jpg


「なんで?」

 一人っ子の春香は、お客さんが来るのが何より楽しみ。「ドイツからもうすぐ、はなちゃんが遊びに来るよ」と私が言ったところ、「はなちゃん、もうくる?」「はなちゃん、こないねえ」と毎日言う。「はなちゃんはね、二週間後に来るの。今日は、まだ来ないよ」カレンダーを示しながら説明しても、翌日にはまた「はなちゃん、なんで、こないの?」

「もうすぐお父さん、帰ってくるよ」「なんで、かえってくるの?」「・・・そんな、帰ってこなかったら、困るじゃない! お父さんはここに一緒に住んでるんだから!」
 友人曰く、「お父さんは春香を愛しているから、帰ってくるのよ」と答えればいいとのこと。

「今日はお天気悪いね」「なんで、わるいの?」「・・・上空が低気圧に覆われてるからだよ」「・・・そうか」

「お日様、隠れちゃったね」「なんで、かくれちゃったの?」「隠れちゃったというより、雲に隠されちゃったんだよ。雲は意地悪だから!」

「あっ、のりこちゃんだ」「あっ、本当だ。のりこちゃん、可愛いねえ」「なんで、のりこちゃん、かわいいの?」「・・・春香が可愛いように、のりこちゃんも可愛いの!」

「車、いっぱい止まってるね」「あ、おかあさん、あおいくるま!」「本当だね、青いね」「なんで、あおいの?」・・・私は考えた末、「この人、きっと青が好きなんだよ」と答えた。すると春香は納得した。
 どうやら春香は、とにかく答えが欲しいらしい。どんな答えであれ、とにかく答えさえもらえればいいようなのだ。こちらがうなってしまうような、いいところをついてくる質問もたまにはあるが、たいていは会話を続けるための「なんで?」なのである。私の適当な答えにも「そうか!」とうなずいてくれる。どうせ周囲も夫も、日本語がわからないのだから、気楽に好きなことを言っていればいいのだ(里帰りすると困るけれど)。

 しかし、簡単には納得してくれないことも。「これ、くるくるまわるの?」「そうだよ、風が吹くと回るんだよ」「・・・まわってないじゃん」「だって、これは絵だから」「なんで、絵だと、まわらないの?」「だって、絵なのに回ったら、アニメになっちゃうじゃん」「なんで、ワニになっちゃうの??」

「ご馳走様」「なんで、ごちそうさまなの?」「だって、食べ終わったから」「なんで、たべおわったの?」「噛んで、ごっくんって飲み込んだから」「なんで、のみこんだの?」「だって、飲み込まなかったら、困るじゃん!」「・・・そうか」
 実際、適当な答えが思いつかない時、面倒な時など、つい「そうじゃなかったら、困るじゃん」と言ってしまう。それで納得してくれればしめたものだが、そうでないと本当に骨が折れる。

 時には、不可解な質問も。バスに乗っていて、不意に「なんで、ウルトラマン、こないの?」「・・・だって、怪獣が来てないじゃん。怪獣が来て、大暴れしてたら、ウルトラマンだって来るけど」

 キャンディ・キャンディが好きな春香。ある日、バスの中で突然、「イライザ、きたらこわいよ」と言ったかと思うと、私に向き直り、「なんで、イライザくるの?」と聞く。自分が勝手に来ると決めたんじゃないの。「イライザなんか、来ないよ」と言うと、今度は「なんで、こないの?」「・・・だって、キャンディもイライザも、スイスにはいないから!」

「おかあさんが、ねこだったら、どうしよう?」にこにこ、そんなことを言うので、「お母さんは猫じゃないよ。春香と同じ、人間だよ」と言った。そして私も真似をして「春ちゃんがミニーちゃんだったら、どうしよう?」と言うと、今度は真顔になり「なんで?」「・・・だって、春ちゃん、ミニーちゃんに似てるから・・・(注・似ていません)」

 そして、時には自分で自分なりの結論を出すことも。「あはは。春香、面白いねえ」「なんで、はるか、おもしろいの? ・・・だって・・・おもしろいから、おもしろいの! おかあさんが、はるかをすきだから!」




↓クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


卒乳に思う

(これまでのあらすじ → 娘の春香は、2歳を過ぎてもまだ母乳を飲んでいた。私は本人がやめると言い出すまで授乳を続ける「自然卒乳」を目指していた。が、どうやらしつこい疲労感はこの長期授乳のせいだと思い当たったので、2歳半になったらやめると決め、その日まで「おっぱいやめようね」と言い聞かせた。決行当日、もう最後だとわかったのか、春香は夜遅くまでおっぱいをせがんで寝つかなかった。
 そして翌日・・・。)

KIF_3715_convert_20120924213739.jpg

 その夜。いつものように絵本を2冊読み聞かせ、二人して横になった途端、「はるか、おっぱい、のむ」と言う。「あれ? 春ちゃん、もうおっぱい、やめたんじゃないの?」と言ったが、「おっぱいー、おっぱいのむー!」とまた始まった。両足をバタバタし始めると、抱っこもしてやれないし、手のつけようがない。仕方なく、「おっぱいー」と言う春香に「え? 抱っこ?」ととぼけて言い、「おっぱい、おっぱい!」とくり返すとまた私は「え? 抱っこしてほしいの?」ととぼける。そのうちにあきらめたのか、「だっこ」と言って両手を伸ばしてきたので、すかさずラッコ抱きにした。背中をトントンしながら「おやすみなさい」の歌を歌い、その後、考えた末、うろ覚えの桃太郎を話して聞かせた。
 以前本で読んだのだが、完全に眠りにつくまでのうとうとしている間にくり返し聞かされたことは、よく頭に入るらしい。その時間に何か物語をくり返し語って聞かせれば、日本語の語彙も増えるのではないかという魂胆である。というわけで、桃太郎で卒乳1日目は過ぎた。

 2日目の朝。いつもは喜んで行くプレイグループに、今日は行きたがらない。こういう時に無理に行かせることはないと判断し、家で遊ばせる。お昼寝時はまた同じように騒いでいたが、最終的には抱っこで寝つく。
 まあ、こんな感じでそのうち慣れていけば、と思っていた、その夜。おっぱいを要求して、とうとう泣かれてしまった。昨日は騒いでいたものの涙はなく、「さすが2歳半ともなると、泣かずに言葉で要求できるんだな」と感心していたのに。その日の春香は、ちょっと気が立っていたようだった。というのは、まるで卒乳を待っていたかのように、私が激しい頭痛におそわれ、体調をくずしたので、春香をあまり構ってやれなかったのだ。

 妊娠中も含めてこの3年あまり、私は風邪薬を服用することがただの一度もなかった。気が張っていたのか病気にならなかったし、風邪には生姜を入れたはちみつレモンを飲んで治していた。しかし、今回は激しい頭痛、歯痛、だるさ、下痢、鼻、咳とどれも症状が重かったので、医者にかかった。そして、実に三年ぶりに風邪薬をのんだ。
 その20分後には、頭痛がすっと引いた。まるで別人、別世界である。さっきまでまともに歩くこともできず、背中を丸めて足を引きずっていた私が、まったく何事もなかったように背中を伸ばして歩き回っている。薬というものは、かくも偉大な発明品だったのである(風邪を引いたら、それは体を休ませろという合図だろうに。こんな風に症状が消えてしまっては、つい普段通りに動いてしまい、かえって長引くのではと疑問に思わなくもなかったけれど)。というわけで、いくら春香が泣いたところで、その日はもう授乳ができなかった。

 今まではしんどくても、求められれば必ずあげていたおっぱいを、今日はもういくら泣かれてもあげられない。せっかく今まで努力して築いてきた「お母さん=おっぱい」という甘く優しいイメージが、春香の中で壊れつつあるんだろうなあと思いながら(毎日のように怒鳴っているくせに)、ただ「ごめんね、お母さん、今日はお薬のんだから、もうあげられないの・・」とくり返した。

 はるか、おっぱい、やめるの!

 ところが。翌日、3日目のお昼寝は、なんとおっぱいの「お」の字も言わずに、自分から抱っこを望んで寝ついたのだ。ああ、これでもう卒乳かあ、ずいぶんあっけないものだな、というのが正直なところだった。
 しかし、その夜は再び「おっぱいー」が始まった。泣きはしなかったが、かなり執拗だった。こうなると私も折れそうになり、窮地に立たされた。といっても薬を服用中では、いくら心が揺れ動いたところで、どうしようもないのだった。
 そし4四日目の、お昼寝前。私の目をのぞき込むと、言ってみたかったのか「おっぱい」とだけ言った。ただ、その時はすでに横になって寝る体勢に入っていて、それ以上は何もなかった。

 それより何より、その日の夕方のこと。台所にいる私のそばで、おとなしく一人で遊んでいた春香が突然、何の前触れもなく、「はるかね、おっぱい、やめるの!」と言ったのである。それも、素晴らしいアイデアがひらめいたかのように、目を輝かせて。

 私は思わずひざまずき、春香を抱き寄せ、感激に胸をつまらせた。これが、自然卒乳なのだ。春香は自分から、おっぱいをやめることを宣言したのだ!



↓クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


泣いた春香のあやし方


bagnetto+nakiso_convert_20120924154957.jpg


 一枚のCD

 それは、友人の明美さんからの誕生祝いだった。私ももらって良かったからと、日本の童謡を集めたCDを送ってくれた。当時、春香は2ヶ月にも満たない。いつ頃一緒に歌えるようになるかなと思いながら、本棚にしまった。
 数日後、夫はいつもの通り空手の稽古をしながらベビーチェアに座る春香を見ていたが、ふと思い立ってこのCDをかけてみた。すると、反応があることに気づいたのである。こんな小さな子でも歌で喜ぶとは、また一つ新たな発見をした。CDをかけておくだけでいいなんて、こりゃ楽だとその時は思った。

 ところが歌に身振り手振りをつけてみると、ますます喜ぶ。幼い頃バレエを習っていた私は、即興ダンスをつけて歌うことにした。猫のように、どんな動きでも目の前にあるとつい目で追ってしまうらしい。目を丸くしてじっと見てくれる。
 そのうち、お気に入りを歌い踊り始めると、目を輝かせ口を開け、満面の笑顔で両手をばたばた振り回すようになった。CDをかけっぱなしではこうはいかない。高齢出産後、体力は落ちる一方だが、かわいい我が子のためなら動かない体にむち打ってでもやるほかないのだ。

 歌って踊る父母

 お気に入りというのは、まず「おにのパンツ」。はこう、はこうというところで片足ずつ上げ、パンツをはく真似をすることにした。かなりの運動量になる。
 オリジナルはご存知「フニクリフニクラ」、登山電車について歌ったナポリ民謡だが、イタリア人の夫に日本語の歌詞を訳したところ、あきれられた。が、春香は「フニクリ、フニクラ~」より「あなたも、私も~」の方が好きなのである。

「おべんとうばこのうた」。かつて、姪っ子が歌っていた横で私も合わせて歌い、「歌っちゃダメ! みーたんがママと一緒に歌うの!」と怒られていた、この歌。今こうして我が娘に歌っているとは、感慨深いものがある。
 春香はこの歌が大のお気に入りで、「これっくらーいのっ」と聞いただけで泣き顔もあっという間に笑顔に変わる。もちろん、おべんとうの中身は私が手振りで見せる。

「こぶたぬきつねこ」。特に2番の「ブーブー、ポンポコポン、コンコン、ニャーオ」がお気に入り。
 さらにニャーニャー、ニャン、ニャニャニャーン、と動物の鳴き声をひたすら真似するだけで、春香はにこにこしながら聞いていてくれる。日本語よりも動物語のほうがよほど理解できるらしい。

「とんでったバナナ」。日本で小田急線に乗った時のこと。ひざに抱いていた春香がぐずり始めた。歌うのが最も効果的でも、そこは満員電車の中。が、東京ではどこへ行っても人混みなのだ。その日は荷物も多く、途中下車も困難だった。歌以外のあやし方を開発していなかった私は、やむを得ず、春香の耳元でお経を唱えた。「バナナが1本ありました~」と。
 スコットランドでは誰も日本の歌など知らないから、音を外そうが歌詞を変えようがお構いなしだ。が、日本ではそうもいかず。春香のみならず、乗客のみなさまにもお聞かせしているような形になった。ようやく寝てくれたのは新百合ヶ丘、そこで聴衆のほとんどが下車していった。

「ヤンチャリカ」。ロシア民謡調なので、当然振り付けもロシア風ダンスをと思ったが。腰を落とし、右、左と足を前に出そうとすると、すぐに足がつりそうになる。まだ若い夫に協力を頼んで、二人で並んで踊るといくらか格好がつく。
 春香は両親をかわるがわる見ながら、口を開けて聞き入っている。

 もっと静かな歌もある。「おかあさん」は私が好きで何度も歌っているうちに春香も喜ぶようになったものだ。「おかあさん」「なあに?」「おかあさんっていいにおい」・・・私が母親の優しいイメージを植えつけようと努めて優しく歌うので、おそらくそれが伝わるのだろう。
 この歌に限らず、歌う時は春香の目を見ながら気持ちを込めて歌うと効果抜群。野菜を刻みながら適当に歌っていると彼女は不満なのだ。

「山のようちえん」。激しく泣き叫んでいても、抱っこしてこの歌を歌ってやると何故か泣きやむことが多い。ワルツに合わせて体を揺らしながら、背中をトントンたたくのだ。成功率は実に八割。それに気づいて以来、「す~てきな山のようちえん~」と歌い続けている。
 ただ歌い終わればまた泣き出すので、300回ぐらい歌ってしまった日もあった。

 お気に入りはまだまだあるが、寝かしつけはやはり「ゆりかごのうた」である。

(続きは書籍にてお読みください)

↓クリックを お願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。