スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカになる、そのからくり

PICT0026_convert_20120924155708.jpg

 私は子供を持つまで、いわゆる「親バカ」というものが理解できなかった。
 自分の子供だから情が移って身びいきする、というのはわかる。または自分に似ているので親近感を覚える、というものかもしれない。それなら、自分に満足していない人は自分の子供も好きになれない、ということか。自分が苦労して育てたということで、子供の成長はすべて自分の努力の成果だと自慢したくなるのか。しかし、あまりお利口さんでない子でも、お世辞にもかわいいといえない子でも、その親は「うちの子がいちばんかわいい」と思っているだなんて、どうも合点がいかなかった。
 それで、妊娠中はひたすら「かわいい子でありますように」と祈り続けた。生まれたての赤ん坊というのは、グロテスクなものである。これから子育てが始まるというのに、目の前にいる我が子がカエルに見えてしまったら・・・。いくら「これからかわいくなるから」となぐさめられても無駄なように思えたのだ。
 我が子をもしかわいく愛しく思えれば、二十四時間労働である子育ても、きっと乗り越えられるだろう。どうか、かわいい子が生まれてきますように。それだけだった。

 ところが産んでみると、そんな祈りなど必要なかったと気づいた。それどころか、こうも思った。お腹の中にいるのがこの子だと事前にわかっていたら、妊娠中ももっと楽しく過ごせたのに。

 先日、たまった写真を整理しようと、産院で撮った写真を一枚一枚見ていた。まるでしなびたサルのような、こんな生き物に向かってよく「かわいい」などと言えたものだと我ながら驚く。背中やおでこにまで産毛が生え、目は腫れぼったく、全身しわだらけ。動きもにぶく、何だか痛々しい。まるで深い考えにふけっているかのようだ。生まれたてどころか、だいぶ年をとっているようにさえ見える。
 それなのに正直な話、私は授乳したり寝かしつけたりしながら、気でも狂ったかのように「かわいいわ! かわいいわ!」とひたすら言い続けたのである。日に五十回以上言っていたのではないか。自分の睡眠をとるのも忘れ、彼女の寝顔を眺めてうっとりしていた。
 産後は体力が落ちているのに精神は高ぶっていて、平常ではないのだそうだ。思い返せば、あれはホルモンのなせるわざだったと納得がいく。

 その後も、相変わらず「サル」のように見えたこともあるし、髪がはねていたので「ミミズク」のようでもあった。目を閉じてウトウトしている時は、前髪を海苔に見立てて「おにぎり」のようにも見えた。目がまだよく見えず、口をぱくっと開けて乳首を探している様子はエサを待つ「小鳥」のようだった。両手を二つ丸め、ちょこんと添えている時は実家で飼っていた「ネコ」を思い出し、夫と二人で、まるで新しいペットでも飼っているかのような気になったものである。
 かと思うと笑顔でない時は「半魚人」にも似ていたし、おっぱいを飲んだ後カーとかクーとか言うのは「カラス」のようだったし、飲んでいる途中も様々な奇声を発する様子はまるで赤ちゃん「怪獣」のようでもあった。
 やがて三ヶ月も過ぎれば、赤ん坊は誰の目にも愛らしくなると聞いていたが、我が子もその通りになった。現在八ヶ月、顔つきもだいぶ変わってきた。が、白状すると、ホルモンの魔法が解けた今も、やはり一日に三十回ぐらい「かわいいねえ!」を連発してしまう。
 
(この続きは、書籍でどうぞ)

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

目次

目次

はじめに
 
親バカになる、そのからくり
   我が子がいちばんと親は思う   敬虔な「絶対母親教」信者

笑った、笑った!
   好きだけど夢中になれない赤ちゃん   我が子と初めて目が合う   本当に笑う?   笑顔中毒

泣いた春香のあやし方
   一枚のCD   歌って踊る父母   タカイタカイより歌

命名 サラ春香
   名前に泣く   ぼくのお姫さま   花ぞ昔の香に匂ひける   中国や韓国でも   

パパパパパ
   きっと男の子   我が家の嫉妬相関図   マンマンマン対パパパパパ

娘は英国ダンディー生まれ
   英国で子育てする利点   ダンディーという街   日照時間の短い国で

プレイグループ三昧
   毎日、ダンディーのどこかで   初めての言葉

ミニミニ春香の成長と発達 
   ずっと座らされたままで   始めての親子のやりとり   変わらない寝顔

パパパ・その後
   おとーと!   母親全盛期   愛も憎しみも

日本にて
   水を得た春香魚   いとこの家へお泊りに   私の公園デビュー   砂場を離れて

言葉・理論編
   バイリンガル教育?  私のアイデンティティ継承   春香の母国語とは

禍転じて再び親バカと為す
   子どもは親を捨てない  幼児春香の誕生  親バカは復活したけれど

プレイグループ後日談
   ソフィアの変貌とチュンの躍進   もしも時間があったなら   預かってくれる“プレイグループ”   いよいよ本格デビュー   親離れの第一歩   はるかね、チューしたの

その後の春香の成長と発達
   遊びについて   粘り強い子ども   一人遊びができない春香   また遊んでしまった・・・   いじる   押す、移し変える、はめる   開ける、分解する、壊す   熱中していじる

授乳より献血 
   街角で偶然出会った旧友   二歳を過ぎての授乳   意見が入り乱れる世界   母が決めた卒乳計画

卒乳に思う
   卒乳前の再確認   卒乳式当日、最後の最後まで   はるか、おっぱい、やめるの!   お父さんの幻のお話   卒乳記念に思い出すこと

二歳の春香の言語状況
   三ヶ国語を話す!?   堂々たるハルカ英語   多言語環境で子供は混乱するか   追記

春香の将来の言語予想図
   移住先決定!   スイスにおけるドイツ語事情   そして日本語は

スイスに来てからの言語状況
   子供会に入会   ママじゃないのっ!   ゆっくりイタリア語、消えゆく英語   Meine Tochter

春香三歳・親バカ最終編
   記憶が始まる年齢   三歳をめぐるそれぞれの意見   我が子を客観視する   
   一般子どものかわいさと我が子のかわいさ

アルプスの少女ハルカ!?
   アルプスのない街   はるか、スイスがすき   

春香にできて私にできないこと
   私もパンツをはけなかった   多忙な三歳児   娘、厨房に入るべし   スイス人は静かな夜を好む   春香の基準に基づくファッション   習得と忘却の法則   猫のごとく甘える

二歳から三歳の春香語録
   はしがき   なんで?   寝言   ほらふき春香

三歳の春香の言語状況
   このひと、英語しゃべってるね   ドレスに言葉は要らない   五つ目への挑戦をやむなく断念   イタリア語、きらいなの   三十年後の反省

四歳の春香語録
   スカート、ぎりぱぱ、ホクロと歯   セクシーはるか!?   しまないでえ   追記

春香手術   
   はしがき   ことの起こり   それでもお腹の風邪・・・   イタリアに到着   腹痛は続く   サン・カミッロ総合病院へ   盲腸と診断される   手術を待つ間   手術中   手術成功   入院生活始まる   ボランティアのお姉さん   小児外科病棟の患者仲間たち   ロマの子・シャキーラ   シャキーラと仲良くなる   ある事件   そういう私に、彼女は言った   私の結論   お見舞いに来て頂き、有り難うございました   サン・カミッロ病院の食事   餌を待つ鳥のヒナ   赤いリゾット後遺症   幼稚園の先生からのメール   新たな地獄   もう一つの地獄   どこか遠くへ行きたい   サン・カミッロを退院   良子さんからの携帯メール   まさかの再入院   ピエロの出張サービス   退院を一日延期する   スイスの病院での食事   あとがき・その一   あとがき・その二   あとがき・その三 

七歳半の後日談など

おわりに


「春香だより」の一読者より                  キーガン倫子さん

↓クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

ご購入方法

 「春香だより」は、下記のオンライン書店にて、ご購入いただけます。
(クリックすると、春香だよりのページに直接ジャンプします)

アマゾン  ← 古本ですが、とんでもない高額になってしまっています(2015年3月10日現在)。

ブックサービス  ← こちらは、まだお求め安い額です(新品)。

 また、電子書籍もございます。PDFなので、専用のリーダーがなくても、パソコンでお楽しみいただけます。

文芸社の電子書籍サイト  

 こちらで、立ち読みもできます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。