スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イシグロ家では……

 ご存知だとは思いますが、カズオ・イシグロ氏は英国在住の作家です。先日、イシグロ氏の小説を初めて読み、大変面白かったのですが、その後やはり作者のことが知りたくなり、ネットでちょっと調べてみました。
 イシグロ氏はてっきり英国生まれの英国育ちだと思っていたのですが、実は長崎生まれだったのですね。5歳で渡英、その後は英国の教育を受けて育ちました。
 
 そして出会ったのが、この記事です。国際ジャーナリスト大野和基のBehind the Secret Reportsというホームページの中にありますが、この方がインタビューしたのでしょうか、「文学界」2006年8月号の中のインタビュー記事だそうです。勝手にリンクしていいのかためらいますが、とりあえず載せてみます。

 中でも、特に衝撃だったのは、以下のくだりです。


―― 外国に住んでいる日本人の両親は、子供にバイリンガルを維持してほしいがために、日本語の学習を強要しますが、ご両親はそういうことはなかったのですか。

イシグロ  両親は決して強要しませんでしたね。恐らく当時はそれがほとんど不可能だったからだと思います。私の家族がイギリスに来たのは、一九六〇年であることを考慮しなければなりません。我々以外に日本人はいなかったのです。日本人コミュニティがなかったのです。今日本からイギリスに来ると、日本人は日本人学校に入れるので、日本語を勉強することは可能です。でも昔は非常に難しかったのです。母親はある程度日本語を教えてくれましたが、あるとき両親は、それはよくないと決意したのでしょう。もし私が漢字やカタカナを覚えるための教育を受けていたら、歪んだものになっていたと思います。それで両親は日本語を私に押しつけなかったのです。多くの点から考えると、そのことに私は感謝しています。特に日本語の読み書きをやるとなると大変な苦労ですから。

―― 引用終わり。

 イシグロ氏は、ご両親とは今でも日本語だそうです。5歳のときのままの子どもの日本語に、英単語をまぜて話しているそうです。
 それでも、作品中に日本(文化)の影響は確かに見られますし、日本を舞台にした作品も書いています。両親と話す言葉がつたなくても、日本語の読み書きができなくても、しっかり影響は受けていて、それを足がかりにして人生の成功をおさめているのなら・・・・・・。
 今の私の苦労は一体何なのだろうと、ここ数日悩み続けています。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。