スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香語録・なんで?

KIF_2812_convert_20120927052935.jpg


「なんで?」

 一人っ子の春香は、お客さんが来るのが何より楽しみ。「ドイツからもうすぐ、はなちゃんが遊びに来るよ」と私が言ったところ、「はなちゃん、もうくる?」「はなちゃん、こないねえ」と毎日言う。「はなちゃんはね、二週間後に来るの。今日は、まだ来ないよ」カレンダーを示しながら説明しても、翌日にはまた「はなちゃん、なんで、こないの?」

「もうすぐお父さん、帰ってくるよ」「なんで、かえってくるの?」「・・・そんな、帰ってこなかったら、困るじゃない! お父さんはここに一緒に住んでるんだから!」
 友人曰く、「お父さんは春香を愛しているから、帰ってくるのよ」と答えればいいとのこと。

「今日はお天気悪いね」「なんで、わるいの?」「・・・上空が低気圧に覆われてるからだよ」「・・・そうか」

「お日様、隠れちゃったね」「なんで、かくれちゃったの?」「隠れちゃったというより、雲に隠されちゃったんだよ。雲は意地悪だから!」

「あっ、のりこちゃんだ」「あっ、本当だ。のりこちゃん、可愛いねえ」「なんで、のりこちゃん、かわいいの?」「・・・春香が可愛いように、のりこちゃんも可愛いの!」

「車、いっぱい止まってるね」「あ、おかあさん、あおいくるま!」「本当だね、青いね」「なんで、あおいの?」・・・私は考えた末、「この人、きっと青が好きなんだよ」と答えた。すると春香は納得した。
 どうやら春香は、とにかく答えが欲しいらしい。どんな答えであれ、とにかく答えさえもらえればいいようなのだ。こちらがうなってしまうような、いいところをついてくる質問もたまにはあるが、たいていは会話を続けるための「なんで?」なのである。私の適当な答えにも「そうか!」とうなずいてくれる。どうせ周囲も夫も、日本語がわからないのだから、気楽に好きなことを言っていればいいのだ(里帰りすると困るけれど)。

 しかし、簡単には納得してくれないことも。「これ、くるくるまわるの?」「そうだよ、風が吹くと回るんだよ」「・・・まわってないじゃん」「だって、これは絵だから」「なんで、絵だと、まわらないの?」「だって、絵なのに回ったら、アニメになっちゃうじゃん」「なんで、ワニになっちゃうの??」

「ご馳走様」「なんで、ごちそうさまなの?」「だって、食べ終わったから」「なんで、たべおわったの?」「噛んで、ごっくんって飲み込んだから」「なんで、のみこんだの?」「だって、飲み込まなかったら、困るじゃん!」「・・・そうか」
 実際、適当な答えが思いつかない時、面倒な時など、つい「そうじゃなかったら、困るじゃん」と言ってしまう。それで納得してくれればしめたものだが、そうでないと本当に骨が折れる。

 時には、不可解な質問も。バスに乗っていて、不意に「なんで、ウルトラマン、こないの?」「・・・だって、怪獣が来てないじゃん。怪獣が来て、大暴れしてたら、ウルトラマンだって来るけど」

 キャンディ・キャンディが好きな春香。ある日、バスの中で突然、「イライザ、きたらこわいよ」と言ったかと思うと、私に向き直り、「なんで、イライザくるの?」と聞く。自分が勝手に来ると決めたんじゃないの。「イライザなんか、来ないよ」と言うと、今度は「なんで、こないの?」「・・・だって、キャンディもイライザも、スイスにはいないから!」

「おかあさんが、ねこだったら、どうしよう?」にこにこ、そんなことを言うので、「お母さんは猫じゃないよ。春香と同じ、人間だよ」と言った。そして私も真似をして「春ちゃんがミニーちゃんだったら、どうしよう?」と言うと、今度は真顔になり「なんで?」「・・・だって、春ちゃん、ミニーちゃんに似てるから・・・(注・似ていません)」

 そして、時には自分で自分なりの結論を出すことも。「あはは。春香、面白いねえ」「なんで、はるか、おもしろいの? ・・・だって・・・おもしろいから、おもしろいの! おかあさんが、はるかをすきだから!」




↓クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。