スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスに来てからの春香の言語状況

(これまでのあらすじ→私たちが英語圏スコットランドから、ドイツ語圏スイスに移住してきて3ヶ月。ここは日本人家庭も多く、早速日本人子ども会に入会、春香は日本語で話すお友達ができて楽しそう。ただ一つ残念だったのは、今まで「おかあさん」と呼んでくれていたのが、「ママ」に変わってしまったことだった)

KIF_4394_convert_20120928161113.jpg


 ゆっくりイタリア語、消えゆく英語

 次に、イタリア語。相変わらずローマからは頻繁に電話が入るし、ここに来てとうとう、スカイプ(テレビ電話)まで導入された。それでも今も「春香イタリア語」を話しているし、夫に日本語で話しかけることも多い。
 そんな時、夫は、春香の日本語を理解してそのまま会話を進めてしまうこともあるが、たいていは「え? パパは日本語わからないぞ。イタリア語で言ってごらん」と言う。「ほら、サラ! イタリア語で、何て言うんだ?」と詰問口調になることも多く、春香は反発するのか面倒なのか、イタリア語で言い直せたことがほとんどない。これがあまりに度重なり、最近は私も気になったので「春ちゃん、お父さんにはイタリア語で話すんだよ」と言うのだが、あまり効果はないようである。
 とにかく、昨年のクリスマスに引き続き来月のイースターもイタリアなので、春香のイタリア語は今後もゆっくり伸びていくだろうと思われる。

 さて、英語である。ここスイスへ越して来てすぐ、近所のコミセンで英語を話す親子のためのマザー&トドラーグループを見つけた。着いたばかりで私は、ドイツ語に辟易していた時だったし、実際ここまで英語が通じるとは当時の私はまだ知らなかったので、春香を連れて喜々として通い始めた。とにかく誰かと話して、情報が得たかった。あんなに英語は苦手だと公言していたくせに、言葉が通じるのが嬉しくて、こんなレベルの英語でも役に立つんだなあと感動することしきり(とはいえ、英語のノンネイティブ同士で固まってしまう傾向はあったが)。
 そしてそこへ行った日は、家へ帰ると春香も一人言が英語になった。ぬいぐるみにカモン!と呼びかける。昔よくしていたように、絵本を手前に向けてひろげ、春香英語でぬいぐるみに読み聞かせもしてみたり。

 ただ、このグループは週1回なので、1回休めば2週間空く。そこへカーニバル休暇が入ったので、1ヶ月近く空いてしまったところで、春香の口から英語が消えた。

 先日、何気なく聞いてみた。春ちゃん、猫は英語でなんて言うんだっけ? 春香は一瞬考えたが、すぐに「Cat」と、当時の発音で言った。おっ、これはすごい。「じゃあ犬は?」しばらく考えた後、英語らしい音で何だかそれらしい言葉を言ったが、私が知る限りそんな単語はない。「じゃあ、『座って』は?」結果は同じ。「じゃあ、『ダメ』は?」「No!」・・・やっぱり。これはイタリア語と同じだもんね。

 バーゼルには英語によるプレイグループもあり、子供を預けられるので、軽い気持ちで問い合わせてみた。すると、両親が英語のネイティブでなく、家庭で英語を話していないなら、と春香をウェイティングリストに載せることさえ渋る様子。送ってもらったパンフレットには、年会費65フラン、プレイグループ1回25フラン(1フラン=約100円)とある。覚悟はしていたが、これがスイス値段なのだ。私は、すぐにあきらめた。

 そして近頃の春香は、友達にもらったドリフの歌のCDがお気に入りなのである。ご近所中に聞こえる声で歌う「めがねはえいごでマウスです! おうまはえいごでソースです!」
・・・せめて歌詞通り「グラス」「ホース」と覚えてほしかった。ダメだこりゃ。




スポンサーサイト

COMMENTS

Re: No title

Uさんへ
再びコメントを有り難うございました。お返事がこんなに遅くなってしまって、本当に失礼しました!
実はパソコンがネット接続できなくなり、今はiPadで書いていますが、これが書きにくくて。。。。。
頂いたリンクを、拝見させていただきました。こんなサイトがあるのですね。大変勉強になりました。
周囲は「ドイツ後はそのうちできるようになるから大丈夫よ」という人ばかりなのですが、
やはり私の危機感は当たっていたかもしれません。

> そこでLehrplan等に目を通して何が要求されているのか、この先どう変化していくのかを把握し、作文等には必ず目を通して文章を構成する力や語彙力をチェックし、抜け落ちている箇所は自宅でサポートしました。

そうですね。教科書を持って帰らないので難しですが、
やってみようと思います。とにかく読書の習慣がついてくれレバ。。。と思っているのですが、
親が思うようにはいかないものですね

> ある年齢までに抽象的思考もできる言語を最低一つもっていないと、学校だけでなくその子の生涯に渡る不利を背負わせてしまうことになると、私自身は考えています。

ああ、私もまさにそこが心配なのです。親の都合でそうなってはかわいそうですよね。。。
私のドイツ語も、もう少し頑張ります。。。
いろいろ、有り難うございました。

Umiさんのブログ、ちょっと拝見させていただきました。
ティーバッグの中身を開ける話、まるで松下幸之助のようですね(あれ?合ってますか?)
私も早く子供に手がかからなくなって、趣味に打ち込めるようになりたい!
本当に優雅な生活で、憧れてしまいます。。。
その日を楽しみに、もうちょっと頑張ってみます!
平川郁世

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Uさま
ご購入して下さったんですか。どうもありがとうございました。嬉しいです!

ドイツ語に関しては、具体的にどのようなサポートをなさっていたのでしょうか。今度お時間ある時にでもご教示いただければ幸いです。

そうそう、「はるかちゃん」多いですよね。人気の名前ランキングでは上位だと聞きました。
が、何故か私たちの周囲には一人もいないのです(反対に「サラちゃん」は何故か必ず遭遇します)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます!! 嬉しいです!
ホント、スコットランド生まれと言っても信じてもらえないんですよ。。。
ここでは、店員の3,4ヶ国語は当たり前なんです。普通のレジのおばちゃんもそうですよ。。。
プレイグループは、その後安いところを見つけました!英語だから高かったようです。
「サラちゃん」という名前は確かに多いですね!同じクラスにいると、「大きいサラ」「小さいサラ」なんて区別されてます。

面白い~!

春香ちゃん、面白いですね~!
「おうまはえいごでソースです」に爆笑しました~(^^)/
スイスは仏語圏しか行ったことないんですが、観光局(?)のインフォメーションの人が、1人で4言語(英・仏・独・伊)対応していて、「さすがー!」と思ったのを覚えています。

バーゼルのサークル、高いですね~(><)
きっとどこかに、もっと安くていいところがあるかも~と思うのは、日本がそうだから?(^^;

ところで、春香ちゃんの伊語版の名前、うちの娘と同じ名前です~♪
(もっともうちは、それが日本の名前なんですけれど。笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【スイスに来てからの春】

(これまでのあらすじ→私たちが英語圏スコットランドから、ドイツ語圏スイスに移住してきて3ヶ月。ここ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。