スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人でピッピを読んでいます

P1070704_convert_20130625232907_convert_20130626035541.jpg

 親野智可等先生によると、よくぼーっとしている子は、実は感性の豊かな子、芸術系であることが多い。だから、人の話を聞いていない!といちいち叱ったりせず、あえて目をつぶって、その代わりその子の良いところを伸ばしてやったほうがいいのだそうです。
 そして娘も、私の話を聞かずにどこか一点をじっと見つめていることはよくあります。それは例えば、バレエのレッスンが終わった後の更衣室でのことです。近くで着替えているお友達の会話を、盗み聞きという訳でもなく、話に入りたい訳でもなく、じっと聞き入っているのです。実際問題として、急いでいるので「早くしなさい」と促してしまうことも多いのですが、ああいう時こそまさに「ネイティブスピーカーの生きているドイツ語会話を聞いて、表現を吸収し、語彙を学んでいる」貴重な時間なのではないかと思うのです。
 と、一見「ぼーっとしている」ことの多い娘ですが、頭の中ではそれなりの思考が行われているのではと推測(期待)し、下手に急かすことなく彼女のペースを尊重してやりたい、という気持ちもあるにはあるのです。宿題をしている最中に「知ってる? はるかね、起きてても夢が見られるの。今ね、キティちゃんがここを通っていった」と真顔で言う子です。私に余裕さえあれば、一緒に楽しむこともできるのです。

 が、しかし、現実には毎日のように宿題が出るし、テストの準備もあるし、いやもうそろそろ、ぼーっとしてばかりもいられない。残念なことに、ここスイスの学校システムは、遅咲きの子どもには不利です。小学生のうちに将来の進学コースがだいたい決まってしまい、変更は相当難しいようです。
 いや遅咲きだ、大器晩成だなどというのは私の勝手の思い込みかもしれない。娘の好きなことは漫画、手芸に工作、そして歌と踊り・・・・・・やはりお勉強系ではなく、アーチスト系なのでは。好きなことをしている時、脳は活性化するというし、成績がふるわなくてもそれはそれで結構だと思っていたのです。
 が、夫はそれを許さないのでした。私と違って優等生だった夫は、娘が大学進学コースへ行かないなど論外だと言います。3年生になってから、テストの結果がはっきり示されるようになり、日本語のことしか頭になかった私もさすがに慌てました。とにかく低いレベルの中学に進学するなんてことになり、娘が、朱に交わって赤くなっていくことを怖れるのです。
 算数は、理系の夫に頼んだところ、始めのうちこそ「はるかは歌手になるんだから! 算数なんか何の役にも立たない!」などと言っていましたが、最近はやればできるということがわかってきたようです。しかし3年生になってドイツ語の、特に「語彙の少なさ」で苦労させられています。

 スイスは母国語(正確には、親の出身国の言葉)学習を奨励しています。日本語学校の成績が現地校の成績表に記載されるのです。日本語が得意な娘にとって、これは大変有り難いことですが、来年度こそはドイツ語ももうちょっと成績が上がりますように。国語はすべての教科の基本ですからね・・・・・・。
 はい、家庭で教えられるよう、私もドイツ語を頑張ります! 理想は親子で一緒に、楽しんで学んでいくこと。今は二人で、「長靴下のピッピ」をドイツ語と日本語で毎晩少しずつ読んでいます。


 ↓ブログでご紹介いただきました。ありがとうございます!!

 読書好きの本棚 ~猫好きなゆずっこの徒然日記~


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

チョロさんへ
コメントありがとうございます! そうなんです、私もびっくりしました。まず日本語学校で、学期末より少し前にドイツ語で書かれた成績表を受け取る→それにサインをして、現地校の先生に渡す→先生が日本語の成績も記載する、という流れなんです。日本語学校に通わせていない子のお母さんは、現地校の先生より「日本語学校に通わせなさい」と言われたそうですよ!! ちゃんと連絡がいっているようです。 

No title

日本語学校の成績が現地校の成績に反映されるなんてすごいシステムですね!
そういうシステムなら我が家も少しは日本語学校に行かせる気にもなるかもしれません。

私も子供がじっと見たり聞いたりしているときは、なるべくそのままにしてあげたいと思うのですが、急いでいるとやっぱり口がでてしまいます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。