スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコの橋(1)「我が町のネコ事情」



 うちの近所に、「ネコの橋」というものがある。私と娘が勝手に名づけた、その橋について話そうと思うが、その前に少し。
 近所を歩いていると、娘が言う。「あの白いネコね、レナって名前で、お向かいのネコ。あの木の階段を伝ってベランダに上がるの。窓ガラスに開けた穴から入るの」。娘は近所のネコたちの動向を把握しているらしい。道で会えば名前を呼び、寄ってくれば頭をなでる。
 ここスイスのとある町では、イヌと比べるとネコが断然少ない。と思いきや、どうやら彼らの多くは家ネコであり、外出許可を得ていないのだった。窓辺に座って無心に外を眺める茶トラ、テーブルの上で昼寝をするグレーのペルシャ。サンルームが普及していて、室内が見えたりするので、通るたびにいつも確認してしまうネコが何匹かいる。近寄っていくと気配を感じるのか、昼寝しているのが目を開けてこちらを見てくれたりする。それを娘と二人で喜ぶのだ。
 とはいえ、たまには道端でもお目にかかれる。庭の芝生に鎮座して
悠然とこちらを見やる、太ったパンダネコ。ある日、芝生の半分が駐車場に変わってしまった。けれど数日後、芝生の片隅にあった物置の、屋根の上にいるのを発見した。そこを通れば、つい探してしまう。
 街角で時折、行方不明のネコを探すポスターも目にする。窓から外へ出てしまいました。ベランダから落ちてしまいました。お宅の庭にいるかもしれません。地下室に隠れているかもしれません。一度も外に出したことがないので心配です。家に帰れなくて迷っているはずです。どんな小さな情報でも知らせて下さい。精一杯のお礼をいたします・・・・・・。
 ポスターがはがされていることに気づくと、見つかったのか諦めたのかと、その後が気になる。

 さて、一体「ネコの橋」とは何かというと、こうである。 (つづく)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENTS

No title

あら! くりさんって、あの・・・くりさん? あーどうも、いつもお世話になってます! お知らせしたというか、あの、読んでくれてどうもありがとう! そうなの、新装開店です。
また一緒に歩こうね。先日行った森も、かなりワイルドで面白かったよ。アンモナイトのような家を背負ったカタツムリに遭遇したり! まだまだ知らないところがたくさんあるなーと実感しました。

No title

こんにちは。
ブログのお知らせありがとうございます。また読むのが楽しみです!
さてさて、我が家の辺りだと外ネコ多しです。ネコ自身は勝手きままに外出できて気持ち良さそうですが、他所の庭で糞をしたり、他所のお家でちゃっかりご飯もらったりとそれなりに問題をよく聞きます。娘ちゃんと一緒で、私も知っているネコを見かけるとついつい声掛けちゃいます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。