スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコの橋(2)「道路の延長のとなりに」



(前回からのつづき) さて、一体「ネコの橋」とは何かというと、こうである。

 我が家のある通り沿いに、小川が流れている。川幅は2~3メートルで、その向こうは公園である。子どもが遊んでいて、よくボールを落とすが、ジャブジャブと入っていける深さである。水は、とりたてて澄んでいるわけでもない。それでもカモの親子が泳いでいるのはよく見るし、小魚も生息していて、それが見える程度の透明度もある。小魚はかなり すばしこい種類で、大群にバケツを突っこんでも、一目散に逃げてしまって一匹も捕まらない。
 その小川を横切る形で、細い道路が伸びている。川の水面からは、だいたい2メートルほどの高さにある。それは桁橋といえないこともないが、道路は川の存在を無視するかのように、顔色ひとつ変えずに川を横切り、そのまま続いていく。下を向かない限り川の存在に気づかない・・・とは言わないが、とにかく「橋を渡る」という表現は適切でない。アスファルトには継ぎ目があるが、ほかにもあるので、そこだけ目立つわけでもない。やはりあれは橋とは呼べないだろう。道路の延長である。

 しかし、そのすぐ横、その「道路の延長」から約2メートルもないところに、正真正銘の桁橋が渡っている。 アスファルトとは 別の素材、別の色と 形をしており、あれなら 確実に橋である。 幅は40センチほど、「道路の延長」と比べると五分の一にも満たないほど細い。「道路の延長」とは平行しておらず、若干ななめについている。両側に手すりもついている。橋は鉄製だが、床の部分だけは木目のスノコが施してあり、しかも数ヶ月前、そのスノコの木が張り替えられ新しくなった。市役所の男性二人が作業をしているのを、私は見たのだ。だから今は、
新品の床なのである。古びた鉄に比べて、その木目の真新しさは際立っている。

 奇妙なことに、その小さな橋を渡ろうものなら、私たち大人は通せんぼを食らう。 ちょうどお腹と足首の辺りに川の手すりの横棒が当たり、行く手を阻むのである。そう、川があって 「道路の延長」があって それで何の問題もないところへ、 何らかの理由があって後からあえて取り付けたものと見られる。だから川の手すりは、その小さな橋を取り付けたの
なら、その部分だけは 切断して渡れるように しなければならないのに、何故か切断せず、そのままになっている というわけである。
 子どもならちょっと身をかがめてくぐることもできる。が、そこを通れるということは、小さな橋の 手すりの 隙間から 川に落ちることも あるわけで、危険だろう。 横棒 2本だけの、あってないような手すりなのである。(つづく)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

おお〜Michiさん! コメントありがとう〜!
ご無沙汰してます。。。UKは学校時間が長いから(スイスと比べて)、きっと入学後は書けるようになるよ! また楽しみにしてるね!
私のウォーキングポールは、夫がスコットランドで買ってきたものだよ。ヒルウォーキングが盛んだと知ってはいたけど、当時はそんな余裕まったくなかった。今度UKに行く時はポール持参で行くので一緒に歩かない!? 来年の夏を予定してます!!

No title

いくよさん、お久しぶりです!また、郁世さんの文が読めて嬉しいです。私も最近はブログも滞ってるし、FBもざっと目を通す程度です。ネットは相変わらず使ってるけど、書く時間と気力がなくなっちゃった。娘が学校に行って一人の時間が増えたら、書くのも再開するかも。私も近所のウォーキンググループに参加してるよ。私が最年少のグループだけどね(笑)。続き楽しみにしてるね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。