スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってみたい国はヤーパン(日本) その2



(前回からのつづき)
 
 数年前、箱根の「湯ネッサン」に行ったら、客の大半が中国人だったのには驚いた。いや、実際は二割程度だったろうが、言葉や顔つきが違うので目についた。まさか箱根で、これほど多くの中国人に会うとは。湯ネッサンがいつのまにか、中国人の間で人気スポットになっていた! 
 こちらに戻ってきてその話をしたら、友人も同じ経験をしたと、顔をしかめて言った。そう、そう!せっかく日本に帰って温泉に行ってもさ、中国人に囲まれちゃうの。里帰りの時くらい、日本人といてリラックスしたいよねえ……!
 しかし、私たちはここスイスで、観光どころか暮らしているのである。スイス人に近年ますます排他的傾向があるのも、この心理と通じるものがあるのではないだろうか。
 あの日、湯ネッサンで、私は別に中国人から何か迷惑行為を受けたわけでもなかった。ただ単に箱根でかつてなかったほど多くの外国人を目にして驚いただけである(箱根でほとんど会ったことがなかった。うちの夫くらいか)。
 受け入れ側は、この経済効果に喜んでいるはず。そして私も、日本の観光地がネットのおかげで世界中に知られ、ようやく観光国として認識されつつあることに喜びを感じずにはいられない。近年は京都や東京のみならず、金沢や秋田などの地方までが注目され、さらにツアーでなく個人でまわる外国人も増えているという! 若者が見捨てて過疎化した地方が、まさか外国人によって活気をとり戻すとは有り難い。温泉の良さをわかってくれるというのも、これは万国共通なのだと再認識できてまた嬉しい。日本は治安がよく、食事も安い、種類が多い、おいしい。さらに円安で何でもお買い得ときている。みなさん、日本の良さにやっと気づいてくれましたか、と言いたくなるのだ。受け入れ側も、英語は苦手だの、外人さんお断りだの言わないで、どうか笑顔で受け入れていただきたい(もうそんなこと言う人いないのかな)。 

 山奥の秘湯や変わった博物館など、「外国人の注目を集める日本の観光スポット」というネットの記事が私は大好きだ。どうしてこうも好きなのだろう。欧州に住んでもう20年近くになるが、日本出身であることで肩身の狭い思いでもしてきただろうか。日本が行ってみたい国として世界の注目を集めていることが嬉しくてたまらない。今までは何について話しても関心を寄せてもらえなかったのに、今は本気で日本行きを考える人が増え、スシやゲイシャ以外のことについても質問されるようになったのである。
 「外国人に人気のスポット」なる動画を私も大いに楽しみ、即座にネットで調べたり手帳に書き留めたりする。私の視点も外国人化してきたのか。次回の里帰りの際に夫と娘に喜んでもらいたくて、リサーチにも力がはいる。
 最近は旅行サイトも乱立しているから、海外にいながら簡単に情報が手に入る。日本はなんと、お楽しみに満ちあふれた国なのだろう!!時間の浪費とは知りながら、この、あれこれ迷う時間が本当は楽しいのだ。帰国はまだまだ半年以上先の話なのに……。

 やっぱり私にとって、行ってみたい国は日本。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


スイスを自転車でまわる!家族で楽しめるイベント「スローアップ」に参加してみよう


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。